HOME > 19期 恒和プロダクト スローガン集

19期 恒和プロダクト スローガン集

2012年11月1日より19期を迎え毎月の「精進目標」でもあるスローガンをご紹介していきながら、
毎日・毎月恒和プロダクトは「顧客満足度120%」を目標に精進して参ります。

19期 スローガン

22期スローガン

21期スローガン

20期スローガン

 

2013

10月

19期12月

STUDY & STUDY

勉学に努め続ける事で、知識と確信が生まれます。知識と確信は、活用し経験を積む事で信念へと昇華されます。そして、信念は物事を形作り判断する上で必要不可欠な要素であり、結果を成功へと導く土台となります。
上記のように、成長と成功を導く原点は勉学にあると思いますので、携わる仕事の範囲を深める勉学や、活動範囲を拡げるための勉学を惜しみなく実践していきましょう。

2013

9月

19期12月

持ち続けよう!!モラル(道徳心)・モチベーション(意欲)・ホスピタリティ (思いやり)

良い会社の風土を形成するためには、社員それぞれに、道徳心を持った振る舞いで、仕事に対して意欲を持って接する心持ちと、関わる人間に対する思いやりが持てる気持ちが必要となります。
社会人の基礎として必要とされている心持ちが、会社の風土にまで大きな影響を及ぼす要因になるかと思いますので、それぞれが基礎を見つめ直し、更に良い風土を作り上げていけるように努力していきましょう。

2013

8月

19期12月

認識しましょう!!結果はプロセスの表れです

良い結果であろうと、悪い結果であろうと、結果は辿ってきたプロセスの表れです。結果を良いものにしようと思えば、過程となるプロセスを良いものにしていくしか方法はないのではないでしょうか。
結果を逆算していく思考の流れが、プロセスを試行錯誤していき、良いものに変えていく源になるかと思いますので、プロセスを重要視しながら仕事をしていきましょう。

2013

7月

19期12月

迅速に想像し、把握し、行動しましょう!!

時間を費やせば、出来ない事はほとんどありません。早期に、そして迅速に判断し行動してこそ、そこに価値が発生してきます。決められた就業時間内に、どれだけの量の仕事をこなせるか。決められた納期内に、どれだけ品質の良い製品を仕上げる事が出来るか。
常にこのような価値観を持ってこそ、お客様に対して、且つ自身の行動に価値が付随するのではないでしょうか。

2013

6月

19期12月

自己投資を実践し、見識をひろげましょう!!

見識をひろげる為の方法は色々とありますが、自己投資を実践するという事は、
見識をひろげ深める非常に有効な手段になるのではないでしょうか。
継続的に投資してこそ見えてくるものがあり、人間性をひろげる
きっかけを掴めるものだと思いますので、あまり難しく考えずに、
趣味でも仕事でもまずは自己投資を実践してみてはいかがでしょうか。

2013

5月

19期12月

楽しみを持って仕事しよう!!

楽しみを見出して行う仕事は、自らの成長を促進させる重要な要素になるように思います。
人生の3分の1以上の時間を仕事に捧げるわけですから、苦しみや悩みの後に楽しみや充実感がなければ、少しもったいないように思います。
という事で、明るく楽しいビジネスライフを送っていけるように視点を変えてみましょう!!

2013

4月

19期12月

経験した失敗は、次回の成功へとつなげましょう!!

仕事における過程の中で、それぞれが様々な失敗を経験していると思います。
その後、同じような物事が発生した時に、経験した失敗は活かせているでしょうか?
それとも、また同じ失敗を繰り返してしまっているのでしょうか?
失敗を経験し噛みしめる事は、次回の成功へとつながる大切な行為です。
人の品質の向上が会社を形成する大きな要因となりますので、
経験した失敗は無駄にせず、大切に噛みしめて成功へのプロセスを導き出しましょう。

2013

3月

19期12月

前後の工程を知ることで視野をひろげよう!!

よりお客様のニーズに沿った製品を仕上げるためには、前後の工程を知り視野をひろげる事は、自部門の役割をこなすためにも必要な要素となるのではないでしょうか?
前後の工程を知る事は、自身の成長に対して一見遠回りのように感じるかもしれませんが、急がば回れ、という格言が示すように、自身の向上に繋がる一番の近道かもしれません。
まずは一度、視野をひろげる取り組みにチャレンジしてみてはどうでしょうか?

2013

2月

19期12月

心掛けましょう 根拠に基づいた行動を

普段の業務を振り返ってみた時に、自分はどれほど根拠を持った行動が出来ているでしょうか? 目的を把握し、理解に基づいた行動をしているでしょうか? 無意識に行動してはいないでしょうか? 

自身の成長や品質向上を前提にして考えた場合、無意識に行う流れ作業式の行動では、身に付くものは少なく、良い製品も提供する事は出来ません。常に裏付けを持った行動を心掛ける事によって自身が成長し、良い製品をつくりあげる土台を構築していけるのではないでしょうか。

引き続き、自身の向上に努めていきましょう!!

2013

1月

19期12月

教育を実践し、人材から人財へ

人材という言葉は、捉え方によっては社員を必要材料として捉えるニュアンスを含んでいます。その場合、就業時間内に与えられた作業を全うすれば目的を果たした事になりますが、人財と考えた場合、それでは足りません。

人の品質の向上は、人材から人財へと変貌を遂げなければ達成出来ません。変貌を遂げるためには、「教育」を実践しながら、環境に合致した業務を遂行し思考力と判断力を身につける必要があります。

2012

12月

19期12月

気持ちの良い挨拶は絆をつくる架け橋です!!

常日頃、元気良く挨拶する事を心掛けていますでしょうか。挨拶は、人と人との関係性を築いていく上で欠かせない行いです。何気ない挨拶が関係性を構築したり逆に壊してしまったり、と、思わぬ結果に結びつく事があります。
顧客との信頼関係や社内での信頼関係を構築する上で欠かせない挨拶を日頃から意識し、製品品質だけでなく、人の品質も提供できるように心掛けていきましょう!!

2012

11月

19期11月

気付いたその時が、改善のタイミングです

日常の業務の中で、何気に気付いた事柄を、忙しさを理由に、ないがしろにしていませんか?
タイミングを逃すと、せっかくのアイデアも悲しいかな記憶の片隅へ追いやられてしまいます。
シンプルに感覚を信じて、タイミングを逃さず行動する。 そんな意識をもって仕事に取組めば、自ずと良い結果が得られるではないでしょうか。

【今月のスローガンに戻る】

22期スローガン

21期スローガン

20期スローガン

【TOPページ戻る】

お気軽にお問い合わせください

企画デザイン~CTP印刷

株式会社恒和プロダクト(大阪)

営業・受付時間:AM9:00~PM18:00
休日:日・祝祭日